Nakajima整骨院 - 横浜市中区の整体・整骨院

Nakajima整骨院

横浜市中区花咲町 / 整体・整骨院
  • 評価5.0 5.0
  • 16
JR京浜東北線「桜木町」から徒歩2分
  • 腰痛
  • インディバ
  • 酸素カプセル
  • 肩こり
  • パーソナルトレーニング
  • 交通事故
  • 整骨院
  • 桜木町
  • スポーツ傷害
  • 横浜
  • 捻挫
  • 打撲
  • 肉離れ

クチコミ・話題

  • 評価5 2019/03/20

    サッカーにおけるスプリント能力(静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性が高く、サッカーにおけるテストとして信頼性と妥当性がある)

    スプリント能力と最大速度
    スプリント能力は、速度の増加率(加速力)と、達成可能な最大速度によって構成されます。

    Bangsboらは、サッカー選手が試合中にスプリントする距離は、1.5mからフィールド長に相当する約100mまで多様であるが、スプリント1回あたりの平均走行距離は約17mであることを見出しました。

    この結果は、スプリントの96%が30m以下であり、平均持続時間は6秒以下で90秒ごとに発生し、半数近くのスプリントがm以下であるとする調査結果と一致しています。

    最大スピードの分析
    最大速度によるスプリントは、選手がすでに動作に入っている際に始まることが多く、したがって最大速度は、通常の時間と距離において、可能であるよりも速く達成されます。

    静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性が高く、サッカーにおけるテストとして信頼性と妥当性があります。

    最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。

    加速力を考慮する必要がない場合は静止スタートで測定されますが、これはフィールド競技の動作に特異的ではないため、最大スピードは「ローリング」スタートで測定されることが多くなります。

    #スプリント #サッカー #加速 #減速 #スピード

    https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-12099

  • 評価5 2019/03/19

    サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

    サッカー選手の激しい身体活動
    サッカー、特にトップレベルは、短時間の激しい身体活動が特徴であり、その後、短期間で能動的あるいは受動的回復が行われ、一瞬の動作が、試合の勝敗を決するものになりうります。

    したがって、短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられます。

    選手はこれらの激しい課題を繰り返し実施できなければならず、例えば、攻撃においてスプリントをしては直ちに守備位置へ戻ることを繰り返す際、消耗されたアデノシン三リン酸の回復効率が高いほど、その後のスプリントが最大に近くなるため、素早く回復する能力を評価する必要があります。

    スピード及びスプリント能力の測定
    一定の距離を走るために要する時間を測定することは、選手のスピードおよびスプリント能力の測定方法としては妥当になります。

    スピードテストの実施には、電子計測ゲートを利用することが理想になります。

    ストップウォッチの利用も可能ですが、人的エラーがテストの信頼性と妥当性を減らしていき、最大0.24秒速く計測される可能性があります。

    #サッカー #身体能力 #加速 #還俗 #方向転換 #アジリティ

    https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-12076

  • 評価5 2019/03/18

    継続的な持久力トレーニング(持久力トレーニングにより身体のIMTG(筋内トリグリセリド)貯蔵量が増えるため、トレーニング経験を積んだアスリートはより多くのIMTGを利用する)

    IMTGの貯蔵の役割
    継続的な持久力トレーニングにより身体のIMTG(筋内トリグリセリド)貯蔵量が増えるため、トレーニング経験を積んだアスリートはより多くのIMTGを利用します。

    持久力エクササイズ中における血液中以外の脂肪酸の利用は、鍛錬者は非鍛錬者の約2倍であると推定されています。

    貯蔵IMTGの貢献度
    Hurleyらの報告によると、鍛錬者の場合、120分の中強度の持久力トレーニング中における貯蔵IMTGのエネルギー貢献度は、体脂肪全体の利用料の約80%を占めます。

    ここで重要な点は、IMTGの貯蔵は、健康および/または外見に影響を与えないということです。

    身体組成に影響を及ぼすのは脂肪組織に蓄えられた皮下脂肪であり、したがって、脂肪の酸化を促進するためのどのようなフィットネス法であれ、その実際の脂肪燃焼効果は、エクササイズ中のエネルギーを供給する特定の脂肪貯蔵との関連でとられなければなりません。

    絶食状態でのトレーニング中に考慮しなければならないもうひとつの要素は、タンパク質分に対する影響になります。

    Lemon&Mullinは、グリコーゲンが補給されている状態と比較して、グリコーゲンが枯渇した状態でのトレーニング中は、窒素が2倍以上失われることを明らかにしました。

    これは、61%VO2maxで1時間の自転車トレーニングを行うと、総カロリー消費の10.4%のタンパク質が燃焼することを意味します。

    この事実は、絶食状態で有酸素性エクササイズを行うことは、筋量の増大に努めているアスリートにとって賢明とはいえないことを示しています。

    #持久力 #トリグリセリド #トレーニング #グリコーゲン

    https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-12258

施設の情報

名称 Nakajima整骨院
ふりがな -
カテゴリー
住所 神奈川県横浜市中区花咲町二丁目25-6 コウノビルMM21 7階
電話番号
診療時間
  • 月:10:00 〜 20:00
  • 火:10:00 〜 20:00
  • 水:10:00 〜 20:00
  • 木:10:00 〜 20:00
  • 金:10:00 〜 20:00
  • 土:10:00 〜 14:00
  • 日:-
アクセス・交通手段 JR京浜東北線 桜木町駅 徒歩2分
ホームページ https://nakajima-bonesetter.com/
Twitter https://twitter.com/nakajimahiro811/
Facebook
Instagram https://www.instagram.com/nakajimabonesetter/

地図

  • 神奈川県横浜市中区花咲町二丁目25-6 コウノビルMM21 7階
  • JR京浜東北線「桜木町」から徒歩2分

「みんなでつくる地域情報サイト」という性質上、施設情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

会員登録をすると施設の情報を編集できます。 詳しくはこちら

お店・施設の関係者の方へ

マチマチ広告を試してみませんか。マチマチでは店舗・施設の近隣の住民の方々に情報を配信することが簡単に実現できます。詳しくはこちら

他の整体・整骨院を探す

周辺の整体・整骨院

お店・施設の情報をシェア