Nakajima整骨院 - 横浜市中区の整体・整骨院

Nakajima整骨院

横浜市中区花咲町 / 整体・整骨院
  • 評価5.0 5.0
  • 26
JR京浜東北線「桜木町」から徒歩2分
  • 腰痛
  • インディバ
  • 酸素カプセル
  • 肩こり
  • パーソナルトレーニング
  • 交通事故
  • 整骨院
  • 桜木町
  • スポーツ傷害
  • 横浜
  • 捻挫
  • 打撲
  • 肉離れ

クチコミ・話題

  • 評価5 2019/05/14

    サッカーのパフォーマンスは生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

    身体能力テストとゲームパフォーマンス
    ストレングス&コンディショニングプログラムを開始する前に、あるいは試合前、すなわちオフシーズンかプレシーズン中に(基準値を測定するため)身体能力テストを実施することはきわめて重要になります。

    アスリートの進歩を評価して、必要に応じてプログラムを変更するためには、シーズン中に複数回のテストを実施することが望ましく、試合期に実施するには、疲労がテストにもゲームパフォーマンスにも影響を及ぼさないように、試合前後2日以内はテストを実施するべきではありません。

    なぜテストを行なうのか?
    身体能力テストを実施する目的はデータの取得にありますが、これは様々な点に役立ちます。

    例えば、身体能力テストを行なうことによって、アスリートの身体能力、健康、長所短所の詳細、さらに適切な評価を知ることができます。

    また、トレーニングやその他ゲームパフォーマンスの向上を期待して実施される対処の効果を評価することもできます。

    サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示すことを明らかにした研究報告は数多くあります。

    Castagnaらによると、記述的、横断的、およびトレーニング研究によって、選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にあることが繰り返し証明されています。

    また、リーグ内での最終ランキングなどのチームとしての成功や、チームが所属している団体におけるレベル(身体能力が高い選手は高いディビジョンでプレーしている)、さらには選手が控えか先発かとも同様に正の相関関係があります。

    したがって、Castagnaらが主張するように、定期的に有酸素性能力を評価することは、身体トレーニングプログラムの効果をモニタリングし、選手たちに試合出場の準備ができているかどうかを確認するために重要になります。

    #サッカー #身体テスト #有酸素性能力 #最大酸素摂取量

    https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-12019

  • 評価5 2019/05/13

    多関節のコーディネーションの発達(機能的な競技パフォーマンスの発揮に重要な最高レベルの基本的動作パターンの発達には時間がかかること、そしてその発達は「一夜にして」起こるものではないことを理解する必要がある)

    多関節のコーディネーションパターンの発達とは
    多関節のコーディネーションパターンの発達には様々な「段階」があること、そして、青少年の多くは経験や適切なトレーニングが不足しているため、最高の発達レベルの動作は発揮できないことを理解しなければなりません。

    豊富な知識を有し、動作の発達の漸進について十分に理解している専門職であれば、青少年がこれらの動作スキルにおいて、効果的、またはレベルの高い動作パターンを発揮できる場合もあれば、できない場合もあることが理解できます。

    機能的な競技パフォーマンスの発揮
    また、機能的な競技パフォーマンスの発揮に重要な最高レベルの基本的動作パターンの発達には時間がかかること、そしてその発達は「一夜にして」起こるものではないことも理解できます。

    青少年の体力向上の多様な側面について広く深い知識をもつことは、個人の身体および認知の発達レベルとトレーニング経験に見合った上で行なうことが重要になります。

    したがって、青少年の全年齢層にわたり、発達に見合った体力向上の漸進を処方するにあたっては、MSFと動作スキル向上の統合性性質について、発達的見地から考察する必要があります。

    #発達 #パフォーマンス #コーディネーション #青少年

    https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-10829

  • 評価5 2019/05/12

    姿勢安定性の不足と傷害リスク(ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存している)

    姿勢安定性とは
    ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存します。

    現在のところ、バランスと下肢の傷害リスクとの関係は特に傷害歴のある人では、姿勢安定性の不足と傷害の発生頻度との間に有意な相関関係を見出しています。

    姿勢安定性を評価するために使われる方法は、様々であり、先行研究と比べて対照的な結果となることもあります。

    姿勢安定性と傷害リスク
    青少年アスリートにおいては、静的な、そして動的な課題を行っている間に姿勢の安定性をコントロールできないことは、傷害のリスクと関連づけられます。

    Pliskyは、バランス能力がより優れた高校生選手は、Star Excursion Balance Test(SEBT)において、前方距離と側方距離の得点が高く、下肢を負傷する可能性が2.5倍低かったことを示しています。

    この知見は、青少年アスリートのS&Cプログラムにバランストレーニングを取り入れることの重要性を示しています。

    #姿勢 #安定性 #バランス #傷害リスク

    https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-13376

施設の情報

名称 Nakajima整骨院
ふりがな -
カテゴリー
住所 神奈川県横浜市中区花咲町二丁目25-6 コウノビルMM21 7階
電話番号
診療時間
  • 月:10:00 〜 20:00
  • 火:10:00 〜 20:00
  • 水:10:00 〜 20:00
  • 木:10:00 〜 20:00
  • 金:10:00 〜 20:00
  • 土:10:00 〜 14:00
  • 日:-
アクセス・交通手段 JR京浜東北線 桜木町駅 徒歩2分
ホームページ https://nakajima-bonesetter.com/
Twitter https://twitter.com/nakajimahiro811/
Facebook
Instagram https://www.instagram.com/nakajimabonesetter/

地図

  • 神奈川県横浜市中区花咲町二丁目25-6 コウノビルMM21 7階
  • JR京浜東北線「桜木町」から徒歩2分

「みんなでつくる地域情報サイト」という性質上、施設情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

会員登録をすると施設の情報を編集できます。 詳しくはこちら

お店・施設の関係者の方へ

マチマチお店会員サービスを試してみませんか。マチマチお店会員サービスは、地域で生活をしている住民の方々へ、お店や施設の情報を継続的にお届けできるサービスです。詳しくはこちら

他の整体・整骨院を探す

周辺の整体・整骨院

お店・施設の情報をシェア