近年、「待機児童」や「保活」などのワードをよく見かけるようになりました。実際にお子さんを保育園に預けようと考えている保護者の皆さまにとっては、とても他人事とは思えない言葉。

「うちの子、希望の園にあずけられるかしら?」

「そもそも保活って何からはじめたらいいの?」

「待機児童になって職場復帰できないのは困る」

といった様々な心配事を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 

そこで今回は、文京区で実際に保活を行なった方の体験談をお届けします。


保活経験者Tさん(文京区)プロフィール

  • 地域:文京区
  • 名前:高浜さま※ご本人の了解をいただいて本名を記載させいていただいています
  • 性別:男性
  • 年齢:31歳
  • お子さんの年齢:娘さん2人(5歳と1歳)※取材当時
  • 入園時期:5歳の娘さんの時は、出生前申請を利用し2ヶ月のタイミングで
  • 職業:不動産仲介業「文京子育て不動産」(自営業)
  • 既婚

<目次> 

文京区の保育園探しで最初に行ったこと

まず私の職場近くで、希望の保育園を探しました。たくさん見学する方もいらっしゃるとは思いますが、私の場合、入れる園は指数である程度決まっていると思っていたので、ピンときた2,3園を見学しましたね。公開されている文京区の前年度ボーダーラインと世帯の指数を比較して入れそうだなと思うところに絞り、さらに立地の良さや見学時の印象が良かった園を選びました。

文京区の保育園入園申し込みで不備が…。でも、二次選考で入園決定

正確な指数については覚えていません。ただ、私は自営業で複数の場所で様々な業務をこなし、働くスタイルをとっているのですが、「働き方」の書類に不備があり、実際の勤務時間よりも短い時間で働いているように見られてしまった結果、一次選考には落選してしまったんです。

でもその後、改めて自身で計算した指数を文京区で確認してもらった結果にズレもなくなりました。なにより、区役所の方も丁寧に確認してくれたので助かりましたよ。そのかいもあってか、二次選考で入園が決まりました。 

文京区の保活・保育園探しを終えて、思ったこと

私のような「自営業」で働く人は、働き方も様々です。だからこそ、その分指数を証明するために必要な書類や記載も多くなることも考えられます。事前になにが必要なのか、特に注意しておくべきだったなと今は思います。 

また5歳の長女は、出生前申請を利用し、首がすわった2ヶ月のタイミングで保育園に預けました。妻も育休で休める環境にはありましたが、0歳児で入園させるために育休を切り上げたんです。というのも、文京区には0歳から入れる園が比較的多くて。そのかわり0歳から受け入れのある園だと、もっとも入園希望の多い1歳児枠はわずかなので、1歳で保育園に入れない時のリスクを考えたときに、0歳のタイミングがベストだと考えました。住む地域の保育園の特性を把握しておくことも、保活において重要になってくると思います。 

近所の方に、文京区の保育園について相談する

文京区での保育園転園事情 ~3回の転園を経験して~

現在5歳の長女と1歳の次女は別々の園に通わせています。

実は、長女は3回転園しています。1回目は、一番最初に入園した保育園が3歳までの保育しか行っていなかったので、早めに別の園に移ろうと希望を出し転園。転園した園は新設園で入りやすく、園庭の広さにも魅力を感じていました。でも実は、近隣住民との折り合いがつかず、肝心の園庭を使えずじまい。さらに長女が元の保育園に戻りたいと言ったので、2回目の転園をしました。そして長女が3歳を迎えるにあたり、再び転園の必要が出てきたため、今の園に通うことになりました。 

そして、今次女が通う園は、長女が3歳まで通っていた保育園です。長女も気に入っていた保育園ということもあり、特徴も把握していたので希望しました。 

近所の方に、文京区の保育園について相談する

保育園の教育方針・給食の有無・行事などへの親の関わり具合について

長女も次女も通っていた保育園は、非常に仲がよくフレンドリーな雰囲気が特徴です。先生の呼び方も「○○先生」ではなく、名前に「さん付け」。そのおかげか子どもも非常になついているのは心強いですね。 

また給食がオシャレで美味しそうなメニューが多い!これが完全給食で提供されるのはうれしいですね。栄養バランスもしっかりとれているので、仕事で忙しい私たちも助かっています。 

長女の転園の決め手にもなった「園庭」はありませんが、屋上に砂場もあるので、遊ぶ環境は整っています。周辺も空き地が多いので、近隣の方からの干渉もありません。 

保育園のイベントも参観や運動会など大きなものを中心に行われます。あとは私立の認可保育園には珍しく、任意参加の保護者会(PTA)があります。世間で言われるほどの負担を感じたことはありません。PTAに入っている人のみ参加出来るお楽しみ会もあるのは他の園との違いですかね。 

近所の方に、文京区の保育園探しについて相談する

 文京区の保育園探し・保活経験談まとめ(編集後記)

 今回のインタビューで、保護者の方の働き方と指数は直結していることが改めてよくわかりました。自分の指数計算が正しいかどうかを区役所に確認することも、保活をスムーズに進めるには大切な工程ではないでしょうか。 

また、文京区で保活を経験した高浜さん。ご自身の職場を開放して「保活相談会」を開催したいとおっしゃっていました。何かと1人で抱えてしまいがちな保活。不安を抱える保護者のかたも多いと思います。文京区で出生前申請や転園も経験された方に、保活の進め方を聞く機会はそうないと思うので、開催が期待されます!見学園の検討方法なんかも聞いてみたいですね。もし開催するとなればマチマチでの告知を考えているそうなのでチェックしてみては? 

近所の方に、文京区の保育園について相談する

文京区の保育園情報・子育て情報をご近所SNSで交換してみませんか

文京区、豊島区、文京区など首都圏の自治体が導入を決めているご近所SNS「マチマチ」。マチマチは、近所の人たちと様々な情報を交換することができるサービスです。

ユーザーの中には、保育園・保活情報や子育て情報を交換し合う方もいます。「近所の園はどんな教育方針?」「近くで子どもがのびのび遊べる公園はここ!」など、さまざまな質問や口コミが投稿されています。子育て情報や保育園・保活情報を探している方は、ぜひチェックしてみてください!